Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Links
RSS
ブロとも申請フォーム
My Favorite

メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)
メゾン・ド・ヒミコ

ストーリーも映像も出演者も
音楽も、どれも素晴らしい!
「生きる」ということ、人と人とのつながりを描いた温かい作品。



かもめ食堂
かもめ食堂

色というか、光というか、
全体的な雰囲気がすごくステキ。
「豚身昼斗念」にヤラれました。



花とアリス 通常版
花とアリス

主役二人の魅力爆発!!
人形のような二人がクスクス笑いながらイタズラしたり恋したりする様は
まるでおとぎ話のよう。



きょうのできごと スペシャル・エディション
きょうのできごと

何気ない日常を切り取った作品。
なんだかすごく懐かしくて切なくて
ノスタルジックな感じがたまらない。



トニー滝谷 プレミアム・エディション
トニー滝谷

静かで寂しくて、でもどこか優しい。
原作の世界観をきっちり再現。



マラソン
マラソン

自閉症の男の子がフルマラソンを
完走した、実話をもとにした感動作。
親子の絆や愛情が胸に沁みます。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールド・ボーイ
オールド・ボーイ プレミアム・エディション [DVD]オールド・ボーイ プレミアム・エディション [DVD] お気に入り!
(2005/04/02)
チェ・ミンシク
ユ・ジテ

商品詳細を見る


2003年 / 韓国 / 120 minutes
出演 : チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン
監督 : パク・チャヌク
原題 : 올드 보이
公式サイト →


Story :
1988年、平凡なサラリーマン、オ・デスは何者かに誘拐、監禁され、何と15年もの歳月を経て突然解放された。なぜこのような仕打ちを受けたのか真相を突き止め復讐すべく、すぐさま彼は行動に移すのだが…。
2004年カンヌ映画祭でグランプリを受賞したバイオレンスアクション。
(「Amazon.co.jp」より)


Review :
うわー、コレはスゴイ!!
映像も音楽もストーリーも、キャストもイイです。
タランティーノ監督が絶賛、というのも納得。

「セブン」 をかなり意識して作っているそうで、確かに映像のスタイリッシュさとかエグさとか、共通したものを感じました。
でも、韓流びいきというのもあるかもしれないけど、こっちの方がスゴイ気がする。。。

何よりやっぱり、主役のチェ・ミンシクさんが素晴らしいです。
だらしなさとか残酷さとか弱さとか、すべてが迫力があって人間臭い。
あまり現実的ではないストーリーの中で、その人間臭さこそが説得力を持ってるのかも。

オールド・ボーイ


このオジサン (←オジサン呼ばわりww)、大友康平かジョーダンズの三又かって感じなんですが(笑)、体の動きや表情が滑稽で憎めません。

ミドに日記を見られたシーンなんて、パンツ一丁でノート抱えて、ベッドの上に頭ぶつけたあげく、布団をかぶろうとしてもかぶれない、なんていうおマヌケぶり。 すんごいカワイくて リアルですww

かと思うと、後半は廃人一直線。
この作品のために15kgも減量したそうで、凄まじいほどのやつれっぷりでした。まるで別人。

オールド・ボーイ


暴力シーンは確かにかなりエグイです。
容赦なく血が飛び出るし、やり方もかなり残酷。
目を覆いたくなるシーンが数えきれないほど続きます
優雅なワルツと凄惨な映像の対比がシュール。

オールド・ボーイ


犯人が誰か、なぜ復讐しているのか、というのは途中で分かってしまうんですが、それでもラストはかなりの衝撃でした。
衝撃に続く衝撃。
確かにこれはネタバレせずに見るのが断然面白いと思う。
そして最後で一緒に 「うわ~っっ(゚д゚;)」 って思ってほしいな。

オールド・ボーイ


『私は獣にも劣る人間ですが、
 それでも生きる権利はあるんじゃありませんか?』



単なるエグイ復讐映画じゃなく、かなり深い話でした。
明らかに好き嫌いは分かれる作品だけど、私は好き。

ちなみに原作は日本のマンガ (土屋ガロン / 嶺岸信明) だそうですが
監禁の理由は変えてあるんだとか。こちらも気になります。



予告編

スポンサーサイト
マラソン
マラソンマラソン お気に入り!
(2006/01/27)
チョ・スンウ
キム・ミスク

商品詳細を見る


2005年 / 韓国 / 117 minutes
出演 : チョ・スンウ、キム・ミスク、イ・ギヨン、ペク・ソンヒョン
監督 : チョン・ユンチョル
脚本 : ユン・ジノ、チョン・ユンチョル
原題 : Marathon


Story :
自閉症の障害を持つチョウォンは、“走り”の才能だけはピカイチ。
母親のキョンスクはそんなチョウォンから目が離せず、息子より一日だけ長生きしたいと願っている。何とか長所を伸ばしたいキョンスクは、かつての有名ランナーで、今は飲んだくれのチョンウクにコーチを依頼し、42.195kmのフルマラソン参加に向けトレーニングを開始した・・・。
2005年、韓国でナンバーワンでオンリーワンの感動作!
(「Amazon.co.jp」より)


Review :
障害という重いテーマを扱ったこの作品。
冒頭では自閉症の子供を持つ母親の不安や苦労がクローズアップされています。 意思の疎通が困難な息子と真正面から向き合い、なんとか社会に適応できるよう厳しく育てる母親の深い愛情が胸に迫ります。

ともすれば堅苦しくなりそうな内容ですが、そこはやっぱり韓国映画。
クスっと笑うどころか つい吹き出してしまうほどコミカルなエピソードがいくつも取り入れられているため 重くなりすぎずに楽しめます。
何より チョウォンのピュアな表情を見ていると、心が洗われるような、なんとも言えない温かな気持ちになりました

マラソン


「チョウォンの脚は 100万ドルの脚」

ストーリー展開は最初から予想がつくけれど
ラストにいたるまでの描き方が素晴らしいです。
伏線が散りばめられていて 序盤に出てきたエピソードが後半にぐっと活きてくるんですよねぇ。 そのちょっとしたエピソードの裏に親子の愛情や絆が透けて見えて、胸が熱くなります。

ラストのマラソンシーンなんて、涙なしでは見られません。
というか、私の場合、前半で涙スイッチが入っちゃったので
ほとんどずっと泣いてましたがww

マラソン

チョウォンのスマイルがまたいいのよ、コレが!
親子モノ、いいわ~


この作品は実在の人物がモデルになっているそうです。
監督は映画を撮るにあたり、一年間一緒にマラソンをして本人や家族の方とともに過ごしたとのこと。
そのためか、チョウォンの仕草ひとつひとつがすごくリアル。
チョ・スンウさんの演技も最高です。

モデルとなったぺ・ヒョンジンさん親子の紹介記事 →

主人公の 「チョウォン」 という名前は、韓国語で 「草原」 という意味。
チョウォンの走りを 美しい自然やシマウマとオーバーラップさせた手腕はお見事です。

活き活きとした走りっぷりを見終えた後は
爽やかな感動が胸いっぱいに広がりました。
今年見た映画の中で一番かも。
名作です。オススメ


ちなみに、チョウォンの弟役の男の子、どこかで見たなーと思ってたら
「天国の階段」 でクォン・サンウの子供時代を演じた ペク・ソンヒョンくんでした。
ペク・ソンヒョン


↓原作。蓮池薫さんが翻訳してます。
走れ、ヒョンジン!走れ、ヒョンジン!
(2005/07/09)
朴 美景

商品詳細を見る


↓予告編

ファンタスティック・カップル
ファンタスティック・カップル DVD-BOX 7枚組 ファンタスティック・カップル DVD-BOX 7枚組 お気に入り!
キム・ソンミン、オ・ジホ 他 (2008/01/25)
エスピーオー
この商品の詳細を見る


2006年 / 韓国 / 全16話
出演 : オ・ジホ、ハン・イェスル、キム・ソンミン、パク・ハンビョル
演出 : キム・サンホ
公式サイト →


Story :
豪華クルーザーから海に落ち、記憶喪失となった超セレブで高慢な人妻アンナ。かつて彼女に何度もひどい目にあわされた小さな建設会社を営むチョルスは、偶然にも記憶を失ったアンナを発見。復讐のために彼女を家に連れ帰り、3人の甥の世話や家事をやらせるが、結局はアンナにふりまわされてしまう・・・。(「Amazon.co.jp」より)


Review :
職場の韓流マニア内でのアンケートの結果、満場一致で 結婚したい韓流スターNo.1 の座に輝いたのが オ・ジホ演じるこのチャン・チョルス。
彫刻みたいに美しい鼻筋、体はムキムキ、包み込むような温かさ、そして
どこに行っても生きていけそうな逞しさ!
チャン・チョルス~ッ

↓左のヒト
ファンタスティック・カップル


は~、ステキでしたー。
見始めた時点では、アンナがあまりにも嫌な女だったり、
ストーリーもハチャメチャ&ドタバタすぎて、入り込めるか心配になったんですが (とは言え、始まって早々銭湯でのチャン・チョルスのサービスショットに釘付けでしたけど)、 まんまと大ハマリ。
ちなみにオ・ジホ氏は脱ぐとこんな感じ →  きゃぁぁぁぁぁ~


チャン・チョルスが素敵なことはもちろん、ハン・イェスルちゃん演じるサンシル(=アンナ)がホントにかわいくて!
もともとすごくキレイな顔立ちをしてるのに、白目をむいてみたり、酔っ払ってロンパってみたり、時にはゲロまで吐いたりして 表情がどんどん変わって、
しかもイキイキしてるからこそ 面白みが増すんだと思います。

ナ・サンシル


最初はイジワルだったサンシルの顔が、だんだんやわらかい笑顔に
変わっていく様子が印象的でした。
恋する乙女そのものでカワイイ。


<ワタシの好きなシーン ベスト3>
・ 商店街で、お金拾っちゃった!とサンシルが駆け寄ってくるシーン
→ 「チョンマル?!」 のチャン・チョルスの顔が忘れられないww

・ 手をつないでお買い物に行くシーン
→ サンシルの幸せそうな顔がすごーくカワイイ

・ サンシルがホットカーペットやソファにへばりつきながら
「あたたかくて離れられなくなっちゃう」 と呟くシーン。
→ パっと見は幸せな雰囲気なんだけど、なんだかすごく悲しい


ラスト3話くらいは泣いたわ~。切なかった
最初の印象からすると、まさかこのドラマにあんなに泣かされるとは思ってなかったですが、かーなーーり、良かったです。

他のキャラも個性的でキャラが立ってて面白い。
ドックのオンマとパング(?)の恋物語とか、
カンジャとビリーのやりとりとか、本編以外のところでも笑いどころ満載。
最後の方、自分スローで追いかけっことかしてるとこでは爆笑でしたww

そして何より、小物の使い方がすごく上手。
湿布、ジャージャー麺、犬、児童たち、マッコリ、バス停など、前半で笑いの対象になっていたものが後半で泣きのポイントになってたりして、脚本も良くできてるなぁと思いました。

児童たちも可愛かった!
最後にようやく名前呼んであげるとこで涙・涙
児童たち

大笑いできるし、切なくて泣けるし、すごく心温まるステキなドラマでした。
大好き!
これを見てから、マッコリが飲みたくてたまりませんww

ファンタスティック・カップル OST



↓元々はこの映画のリメイクだそうです
潮風のいたずら 潮風のいたずら
カート・ラッセル (2007/12/19)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


Just we MV

 
復活
復活 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 お気に入り!
パク・チャンホン; チョン・チャングン (2007/01/10)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


2005年 / 韓国 / 全24話
出演 : オム・テウン、 ハン・ジミン、 ソ・イヒョン
監督 : パク・チャンホン、 チョン・チャングン
脚本 : キム・ジウ
公式サイト →


Story :
幼い頃、家族を事故で失ったハウンは賭博師の元で貧しい青年期を送る。やがて刑事になったハウンは捜査中に家族を失ったあの事故の真相を知る。父は事故に見せかけて殺され、母と弟は生きていた。
そんな中、弟シンヒョクが何者かに殺される。ハウンは弟の代わりにシンヒョクとして復活し復讐を誓う。 (「Oricon」データベースより)


Review :
韓国ではあまりの人気に 「復活パニック」 という社会現象まで引き起こしたという話題作。
ドラマを見始める前に、あるサイトで 「人生最高のドラマです」 というレビューを見かけて、んなオーバーな!と笑ってた私ですが・・・

見終えた今、断言します。 人生最高かどうかは分からないけど、

確実に 歴史に残る名作 でした (笑)!

いやー、ハマったハマった。
韓国ドラマにしては珍しく1話から入り込んでしまい、1週間弱で24話一気見。
いつもイイところで終わっちゃうので、とにかく続きが見たくて勉強も仕事も手につかず、ようやく最終回を迎えた時には、ラストの展開がどうなるかということよりも ドラマが終わってしまうことの方が悲しかった。
まさに復活廃人。このドラマ、麻薬です。。

(以下ネタバレあります)

何より、主役のオム・テウンが素晴らしい!
双子の兄弟を一人二役で演じてるんですが、二役どころか、ハウンとシンヒョクとガンヒョクの三役を演じわけたと言っても過言ではないかも。

ウナと一緒にいるときの優しい笑顔とか、
笑顔ハウン

シンヒョクの冷たい目とか、
(↓個人的にかなり好み。でも髪型はスネ夫風)
シンヒョク

泣きながらゴハン食べてみたりだとか。
泣きながらゴハンもぐもぐ

とかとかとか・・・
ちなみに、怒り顔のときはブルース・リーにちょっぴり似てた気がします。

ふとしたときに見せる表情が、どれもこれも私のハート鷲掴み。
あの目ヂカラに相当ヤラれました。
神経質そうな鼻筋と骨ばったエラも相当私好み。
ヤバイッ!最高ッ!たまらーんっ!
リアルに、この人と結婚したいっ! と悶えまくりな一週間でしたww


余談ですが、癒し系キャラのアンさんも好き。
癒し系アンさん

アンさんの最後のセリフもよかったナ~。イイ人だ!
ちなみに、この俳優さんとオム・テウンは、二人ともお顔のニキビ跡がお悩みなんだそうで、お肌のケア方法について相談しあって仲を深めたなんていうエピソードもww  カワイイね。


ストーリーもすごく良くできてると思います。
復讐の話ではあるけれど、親の世代に翻弄された若者たちの人間ドラマでもあったし、怒りや悲しみだけじゃなく、愛と赦しも組み込まれた深いテーマがあったように思いました。

他にもいろいろ語りたいことはあるんだけど、スペースが足りなすぎるのでバッサリ割愛。

一番印象に残ったのは…
(あまりにも核心に触れてるので白字にします。ドラッグで反転。見てない方はご注意を!!)
  ↓
  ↓
  ↓
パク・ヒスに刺されたガンヒョクが、ナイフについた指紋を必死で拭うシーン。

個人的には、復讐を終えた後、ガンヒョクも誰かに殺されて終わるのかもなぁ・・・ と勝手に予想していたので、
自分が死に追いやった男の息子に刺されるというところまでは驚かなかったんですが、

まさかあそこで、自分を刺した男を守ろうとするとは!!!

親を殺された苦しみをイヤというほど味わってきたからこそ、あんな行動がとれたんだろうなぁ…
できることなら人を傷つけたくなかった、復讐したくてしたわけじゃなかったガンヒョクの生き様が苦しい!

  ↑
  ↑
  ↑

ぶち抜かれました。
自分的に、瞬間最高号泣率1位の 「ごめん、愛してる」 の最終回に肉薄するイキオイで泣けました。ううう、思い出しただけで胸が熱くなります。
はぁぁ。。。アレにはヤラれたわ。 ハウナ~ッ


一番の萌えはやっぱりウナとのラブシーン。

ウナとのラブシーン

好きなんだけど、でも! という想いが伝わってきて、見てるこっちまでドッキンドッキンしちゃいました。
テレビに向かって何度 「抱きしめて~っ! と叫んだことか(笑)

それにしても、このウルウルおめめに見つめられて拒める男がいるのかしら?? ハン・ジミンちゃん、すんごいカワユイ!


ちなみに、公式サイトの情報によると、使われてる色にも意味を持たせていて、
 青 ・・・ ガンヒョク (サイコロ)
 黄 ・・・ シンヒョク (サイコロ)
 赤 ・・・ ハウン (灯台)
 白 ・・・ ウナ (灯台)


なんだそうです。
毎回ではないものの、シンヒョクのネクタイの色に意味を込めていることが多くて、例えば、ピンク(=ハウン(赤)とウナ(白)の愛を表している) のネクタイを着けてる時は二人の距離が近づくシーンだったりするんですって。

そう考えてみると、ラストシーンで、(( ネタバレ ---> 青いシャツを着て歩いてるということは、 「いずれはガンヒョクとしてウナと家族の元に戻ろう」 って考えてるってことなのかなぁ・・・ <--- ネタバレ))
なーんて想像も膨らんじゃったり。


シンヒョクのネクタイとウナの洋服の色がペアだったりもするらしい。
その辺に注目してみるとよりいっそう楽しめるかも

あー、ホントに面白かった!
韓流に興味のない友達にも、しつこいくらい勧めてしまいたい欲望に駆られてます。布教したい!!これぞまさに復活パニック。

オム・テウンの次回作、「魔王」 もDVD出たら絶対見てみようと思います。

(後日追加 : 「魔王」 見ました →


ドラマ見ると、やっぱりOST欲しくなっちゃいますよね。
TSUTAYAに入荷リクエスト出してみようかしら・・・

(OST)復活(KBSドラマ) 2,000円 (送料無料)


| BLOG TOP |
Category
Search
Profile

いけこ

Author:いけこ
都内で働く30代派遣OL。
ジャンルはこだわらず何でも見ます。
邦画・ミニシアター系が特にスキ。
最近は韓流に心奪われてます。

最低でも月に10本。
ネタバレもあります。
映画館だと寝てしまうので、
もっぱら自宅でDVD派。
コメント・TBお待ちしてます。

↓ランキングに参加してます。
気に入ったらクリックお願いします!
人気ブログランキング

↓姉妹ブログもよろしくネ!
27歳の記録(日記)
いけこのBOOKレビュー

↓TSUTAYA は私のトモダチ




My Favorite

ラブ・アクチュアリー
ラブ・アクチュアリー

笑いあり、切なさあり、胸キュンありの
オムニバスラブストーリー。
幸せな気持ちをたくさんくれる作品。
ダイスキ!



リトル・ミス・サンシャイン
リトル・ミス・サンシャイン

家族のキャラが濃ゆくて楽しい。
不器用で優しい、素晴らしい
家族の物語。



モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版
モーターサイクル・ダイアリーズ

若き日のチェ・ゲバラの旅行記。
南米の美しい景色とゲバラの
生き様に二度感動。
さわやかな青春モノです。



Dearフランキー
Dearフランキー

親子の愛を描いた感動作。
出てくる人がみんな優しくて
温かい涙がこぼれます。



やさしくキスをして
やさしくキスをして

文化や宗教の違いを乗り越え
ようとする二人の姿に感動。
セクシーなカシムにうっっとり!




ツォツィ

スラムで育ったツォツィが徐々に
愛情に目覚めていく姿が胸に
響きます。愛情と人間の可能性を
再認識させてくれた作品。



ビフォア・サンライズ 恋人までの距離
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離

恋に落ちた二人がただひたすら
語り合う物語。
二人の仕草や表情がすごくリアル。
やたらと恋がしたくなる、
上質の恋愛映画。



アクセスランキング

Copyright © いけこのDVD鑑賞記 All Rights Reserved.
Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。