Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Links
RSS
ブロとも申請フォーム
My Favorite

メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)
メゾン・ド・ヒミコ

ストーリーも映像も出演者も
音楽も、どれも素晴らしい!
「生きる」ということ、人と人とのつながりを描いた温かい作品。



かもめ食堂
かもめ食堂

色というか、光というか、
全体的な雰囲気がすごくステキ。
「豚身昼斗念」にヤラれました。



花とアリス 通常版
花とアリス

主役二人の魅力爆発!!
人形のような二人がクスクス笑いながらイタズラしたり恋したりする様は
まるでおとぎ話のよう。



きょうのできごと スペシャル・エディション
きょうのできごと

何気ない日常を切り取った作品。
なんだかすごく懐かしくて切なくて
ノスタルジックな感じがたまらない。



トニー滝谷 プレミアム・エディション
トニー滝谷

静かで寂しくて、でもどこか優しい。
原作の世界観をきっちり再現。



マラソン
マラソン

自閉症の男の子がフルマラソンを
完走した、実話をもとにした感動作。
親子の絆や愛情が胸に沁みます。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おくりびと
おくりびと


2008年 / 日本 / 130 minutes
出演 : 本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努
監督 : 滝田洋二郎
脚本 : 小山薫堂
音楽 : 久石譲
公式サイト →


Story :
人は誰でもいつか、おくりびと、おくられびと──。
求人広告を手にNKエージェントを訪れた大悟は、社長の佐々木から思いもよらない業務内容を告げられる。それは【納棺(のうかん)】、遺体を棺に納める仕事だった・・・。
モントリオール世界映画祭 グランプリ受賞。 (公式サイトより)


Review :
試写会で見てきました。
ほとんど内容も知らず、何も期待せずに軽い気持ちで見たんですが、
すごーく良かった!

死をテーマに扱ってるわりには 笑いどころも満載。
会場のあちこちで笑いが漏れていました。
久石譲さんが担当しているだけあって、音楽も素晴らしいです。
チェロの優しい音色に癒されて、泣いて笑ってまた泣いて、と心温まる作品でした。

先日 「マラソン」 が今年一番かもって書いたばかりですが
それを超えちゃったかも。
そのくらい良かったです。


(以下、ネタバレあります)


おくりびと


山崎努さんがねー、素敵でした!
渋い。そして温かい。
モックンもそうでしたが、納棺師の手の動きがとっても優しくて
亡くなった方の人生を尊んで大切に送り出そうとする姿勢が全身から溢れてて、作業というよりは 「儀式」 と呼ぶのがふさわしいほど神々しかったです。


初めて納棺の仕事をした大悟が
家に帰ってきて奥さんの体をきつく抱きしめるシーンがありましたが
人の死を目の当たりにして いのちを全身で感じたいという気持ちになったのかなぁ と妙に納得。

この映画を見て、自分の親も私自身も いつか必ず死ぬ という当たり前のことを改めて思い知らされた気がします。
生きるということ、死ぬということ、
愛すること、食べること、親子、家族・・・
普段 当たり前だと思ってること一つ一つを愛しく感じさせてもらえました。


いしぶみ (石文?) についてもこの作品で初めて知りましたが、
すごく素敵ですね。
石の手触りで相手の言いたいことを感じる、ということは
亡くなった (=話すことができない) 人の気持ちを汲んで送り出す納棺師の仕事とどこか通じるところがあるような気がしました。

話さなくても気持ちを慮るという人の優しさがそこにあるのかなぁと思った。
温かい話ですねぇ
ラストの大悟の涙も美しかったです。


おくりびと


一番印象に残ったのは

「死とは終わりではない。
 誰もが通過する門のようなもの」


というようなセリフ。
私もこれからの人生で 大切な人をおくることになると思うけど
その時にはただ悲しむだけじゃなくて、感謝と尊敬の気持ちをこめて
送りだしてあげたいと思います。


↓サントラもオススメ
「おくりびと」オリジナルサウンドトラック「おくりびと」オリジナルサウンドトラック
(2008/09/10)
久石譲

商品詳細を見る


↓小説&マンガ



↓予告編

 
スポンサーサイト
きょうのできごと a day on the planet
きょうのできごと スペシャル・エディション きょうのできごと スペシャル・エディション お気に入り!
田中麗奈、妻夫木聡 他 (2004/08/25)
レントラックジャパン
この商品の詳細を見る


2003年 / 日本 / 110 minutes
出演 : 妻夫木聡、田中麗奈、伊藤歩、柏原収史、三浦誠己
監督 : 行定勲
音楽 : 矢井田瞳


Story :
京都の大学院に進学する友達の引越し祝いに集まった仲間たち。そして、そこにはいないけど気にかかる人。一方、テレビに映し出されるのは、ビルの壁に挟まって抜け出せなくなった男や座礁したクジラのニュース…。 どこにでもいるような若者たちの一日。でも、そこには言葉では伝えきれない想いが溢れている。 (「Amazon.co.jp」より)


Review :
とことんオバカなネタが満載なのに、時々写真みたいに静かで美しい映像が入ってドキっとさせられたり、笑ったりワクワクしたりキュンとしたり頭にきたり。なんてことない日常に詰め込まれた若者の気持ちが、なんだかすごく懐かして ちょっと切なくて、このノスタルジックな感じがたまらなく好き。
主題歌の 「マーブル色の日」 も雰囲気にピッタリ!

きょうのできごと


「うまく言われへんけど・・・」
上手なのか下手なのか分からないけど、出演者たちの関西弁が妙に温かくてイイ。
個人的には正道くんが好き。電話のシーンの、あのちょっとぎこちない感じとか、すごくよかった。

一番笑ったのは、壁に挟まった川崎さん。
「あーこれ、メンソールですねぇ」 とか 鳩の襲撃シーンとか、とにかくもうニヤニヤしっぱなしでした。

きょうのできごと

 
手紙
手紙 スタンダード版 手紙 スタンダード版 お気に入り!
山田孝之、玉山鉄二 他 (2007/04/27)
日活
この商品の詳細を見る


2006年 / 日本 / 121 minutes
出演 : 山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ、吹石一恵、風間杜夫
監督 : 生野慈朗
原作 : 東野圭吾
公式サイト →
 

Story :
弟の大学の学費のために盗みに入った邸宅で、誤って女性を殺してしまった剛志。千葉の刑務所に服役中の彼の唯一の支えが弟の直貴から来る手紙。しかし、兄が受刑者というだけで、差別され、仕事も転々とし、恋人にもふられ、夢さえ打ち砕かれてきた直貴。兄を思いながらも、その存在の大きさ、罪の大きさに彼は押しつぶされそうになる・・・(「Amazon.co.jp」より)


Review :
家族との絆、差別、罪を償うことなど、かなり重いテーマだった。
救いようのない事件が繰り返し起こり、何度も心の葛藤にもがく直貴の姿は見ていて本当に苦しかった。縁を切りたいと思っていても、結局は家族の縁は一生ついて回る。自分の行動(犯罪)が本人だけでなくその家族にまで迷惑をかけてしまうことになるという責任の重大さ・恐ろしさを改めて思い知らされた。

何より印象的だったのは、簡単に 「赦し」 を求めようとするのではなく、もちろん逃げるのでもなく、現実と向き合ってどのように生きていくかを描いたところ。特に、会長との会話、被害者の息子との会話のシーンは胸を打ちました。
登場人物たちの心の描写がすごく丁寧で入り込みやすかった。
ラストはとにかく涙が止まりませんでした。ここで小田和正は反則だろ!と思いつつも号泣。いやむしろ慟哭。
重いけどかなり深い。良い作品です。

↓ YouTubeで予告編を見る


かもめ食堂
かもめ食堂かもめ食堂 お気に入り!
(2006/09/27)
小林聡美片桐はいり

商品詳細を見る


2005年 / 日本 / 102 minutes
出演 : 小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ
監督 : 荻上直子
原作 : 群ようこ
公式サイト →


Story :
フィンランドのヘルシンキで日本食堂を経営しているサチエは、図書館で知り合ったミドリを食堂のスタッフに迎える。お客は日本アニメおたくの青年しかいない店にボチボチ人が集まるように・・・。 (「Amazon.co.jp」より)


Review :
映画が始まり、最初にかもめ食堂の内部が映し出された瞬間、「ああ、この映画は好みに違いない」 と感じた。そして最後までその思いが裏切られることはなかった。素晴らしい。
色というか、光というか、全体的な雰囲気がすごくステキ。

ストーリーは淡々とゆるーく進むんだけど、途中で飽きることもなく楽しめた。サチエの 「いらっしゃい」 の声がすごく優しいし、食べ物もどれもおいしそう!

「したくないことはしないだけです」
「コーヒーは人に入れてもらったほうがおいしい」

など印象的なセリフもいくつかあった。

そして何より、主演の3人がとにかく素晴らしい!
もともと小林聡美さんが好きなんですが、今回は特に、コミカルすぎず個性的過ぎず、すごく等身大な感じがよかった。
流暢な(多分)フィンランド語にもビックリしてしまった。
衣装もちょっとレトロな雰囲気でカワイイ。
もたいまさこさんがサラリと着こなしてるのがまた微笑ましい。
片桐はいりさんは「豚身昼斗念」にヤラれた。
思わずニッコリできる作品です。 好き!

↓ YouTube で予告編を見る
http://jp.youtube.com/watch?v=5SQaVr0sfJA

 
 
ニライカナイからの手紙
ニライカナイからの手紙 [DVD]ニライカナイからの手紙 [DVD] お気に入り!
(2006/01/24)
蒼井優平良進

商品詳細を見る


2005年 / 日本 / 113 minutes
出演 : 蒼井優、南果歩、平良進、金井勇太、かわい瞳
監督 : 熊澤尚人
 

Story :
すりきれた手紙を抱きしめ、少女は大人になる。沖縄の離島、竹富島を舞台に、母親と娘、その祖父の三世代にわたる心の絆をつづる感動作。「Amazon.co.jp」より)


Review :
こんなに号泣した映画は久々です。
すっごく良かった!!

母親からの手紙というだけで私としてはぐっとくるものがあるんだけど、それ以外にも、おじい、友達、島の人々など、出てくる人たちがみんな優しくて癒されます。温かい涙がたくさんこぼれました。沖縄の海も透明で青くて本当に美しい。竹富島にもぜひ行ってみたいです。

そして何より、蒼井優ちゃんが本当にイイ!
常々、女の子を産むなら彼女みたいな子にしたいと願ってる私ですが(笑)、今回も期待を裏切らず、かなり良かったです。東京で戸惑ってる感じとか、母親の言葉を糧にひたむきにがんばる姿とか、もうたまらんです。

母親役の南果歩さんもよかった。
「風希」と呼びかける声がすごく優しい。手紙も、 「会えなくてごめんね」と謝るのではなく、「愛してる」「応援してる」と伝え続けたところがステキ。
私も将来、こんな手紙を娘に書ける母親になりたいな。
Category
Search
Profile

いけこ

Author:いけこ
都内で働く30代派遣OL。
ジャンルはこだわらず何でも見ます。
邦画・ミニシアター系が特にスキ。
最近は韓流に心奪われてます。

最低でも月に10本。
ネタバレもあります。
映画館だと寝てしまうので、
もっぱら自宅でDVD派。
コメント・TBお待ちしてます。

↓ランキングに参加してます。
気に入ったらクリックお願いします!
人気ブログランキング

↓姉妹ブログもよろしくネ!
27歳の記録(日記)
いけこのBOOKレビュー

↓TSUTAYA は私のトモダチ




My Favorite

ラブ・アクチュアリー
ラブ・アクチュアリー

笑いあり、切なさあり、胸キュンありの
オムニバスラブストーリー。
幸せな気持ちをたくさんくれる作品。
ダイスキ!



リトル・ミス・サンシャイン
リトル・ミス・サンシャイン

家族のキャラが濃ゆくて楽しい。
不器用で優しい、素晴らしい
家族の物語。



モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版
モーターサイクル・ダイアリーズ

若き日のチェ・ゲバラの旅行記。
南米の美しい景色とゲバラの
生き様に二度感動。
さわやかな青春モノです。



Dearフランキー
Dearフランキー

親子の愛を描いた感動作。
出てくる人がみんな優しくて
温かい涙がこぼれます。



やさしくキスをして
やさしくキスをして

文化や宗教の違いを乗り越え
ようとする二人の姿に感動。
セクシーなカシムにうっっとり!




ツォツィ

スラムで育ったツォツィが徐々に
愛情に目覚めていく姿が胸に
響きます。愛情と人間の可能性を
再認識させてくれた作品。



ビフォア・サンライズ 恋人までの距離
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離

恋に落ちた二人がただひたすら
語り合う物語。
二人の仕草や表情がすごくリアル。
やたらと恋がしたくなる、
上質の恋愛映画。



アクセスランキング

Copyright © いけこのDVD鑑賞記 All Rights Reserved.
Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。