Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Links
RSS
ブロとも申請フォーム
My Favorite

メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)
メゾン・ド・ヒミコ

ストーリーも映像も出演者も
音楽も、どれも素晴らしい!
「生きる」ということ、人と人とのつながりを描いた温かい作品。



かもめ食堂
かもめ食堂

色というか、光というか、
全体的な雰囲気がすごくステキ。
「豚身昼斗念」にヤラれました。



花とアリス 通常版
花とアリス

主役二人の魅力爆発!!
人形のような二人がクスクス笑いながらイタズラしたり恋したりする様は
まるでおとぎ話のよう。



きょうのできごと スペシャル・エディション
きょうのできごと

何気ない日常を切り取った作品。
なんだかすごく懐かしくて切なくて
ノスタルジックな感じがたまらない。



トニー滝谷 プレミアム・エディション
トニー滝谷

静かで寂しくて、でもどこか優しい。
原作の世界観をきっちり再現。



マラソン
マラソン

自閉症の男の子がフルマラソンを
完走した、実話をもとにした感動作。
親子の絆や愛情が胸に沁みます。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿修羅のごとく
阿修羅のごとく 阿修羅のごとく
大竹しのぶ (2004/06/25)
東宝
この商品の詳細を見る



2003年 / 日本 / 135 minutes
出演 : 大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里、深田恭子、小林薫
監督 : 森田芳光
原作 : 向田邦子
公式サイト →


Story :
昭和54年の冬、久しぶりに集まった竹沢家の4姉妹は、70歳を迎える父に愛人と子どもがいることを知らされ、それを機にそれぞれが抱える人生の悩みに直面していく…。
(「Amazon.co.jp」より)


Review :
いや~、すごく面白かったです。
基本的には仲の良い姉妹なんだけどちょっとした小競り合いあり、意地の張り合いあり、一人一人に女としての生き様もあり。
私の母が5人姉妹の末っ子で、しかも世代が同じくらいなので、自分の叔母たちのことを思い浮かべてみるとさらに面白みが増しました。ああ、そうなのね、そういうこともあるのね(笑)。

恋人や夫に見せる顔と両親に見せる顔と姉妹に見せる顔、すべてが違う。そのあたりがすごくリアルだし、女優陣の演じ分けが絶妙。
木村佳乃さんの意味ありげな微笑みとか、黒木瞳さんのストッキングのシーンとか、印象的なシーンも多かった。

セクシーという言葉ではなく、あえて「艶っぽい」という言葉を進呈したい。原作も演出も出演者もすべてが素晴らしい。気に入った!

予告編

スポンサーサイト
カクト
カクト [DVD]カクト [DVD]
(2003/12/21)
伊勢谷友介伊藤淳史

商品詳細を見る


2003年 / 日本 / 108 minutes
出演 : 伊勢谷友介、伊藤淳史、高野八誠、亀石太夏匡、加瀬亮
監督・脚本 : 伊勢谷友介
プロデューサー : 是枝裕和
公式サイト →


Story :
他人も自分も信じることなく刹那的に生きる大学生のリョウが、軽いノリでドラッグの調達に出かけたことから都会の迷宮に迷い込む一夜を描く。(「DVD NAVIGATOR」データベースより)


Review :
伊勢谷クンにだだハマりして鑑賞してみました。
映像がかなり凝ってます。

ドラッグで飛んじゃうとことかグルグル回るとことか、あんまり私好みではなかったし、監督の思い入れの強さが伝わってきて、ああ、これはギャロパターン (=良さが理解できない) かも・・・と思ってたけど、最後の方、特にパンツ一丁になる辺りからぐーんと面白くなってハマりました。
あ、パンツ姿がステキとかそういうことではなく。
イヤ、ステキでしたけどww

伊勢谷クン、演技もイイし、体もイイし、才能あるし、もちろん顔もスキ。実はメロメロです。
ストーリーは、結局は青春群像劇と言っていいんでしょうか。
若者たちのテキトーな会話とか、 とりあえずここは笑っとけ的なノリ、そしてふいに感じる空虚感がすごくリアル。明け方の屋上のシーンが一番好き。ちょっと分かりづらいところもあったけど、最終的に見終えた後はサワヤカな気分になれました。
というわけで、なんだかんだ言いながら結構気に入ったかも。
恋愛小説
恋愛小説 [DVD]恋愛小説 [DVD]
(2006/04/28)
玉木宏小西真奈美

商品詳細を見る


2004年 / 日本 / 105 minutes
出演 : 玉木宏、小西真奈美、池内博之、平山あや、奥貫薫
原作 : 金城一紀
監督 : 森淳一


Story :
大学生・宏行は自らを“死神”と呼ぶ孤独な青年・聡史から遺言書作りを頼まれる。やがて、自分自身の過去を語り始める聡史。それは悲しい愛の物語だった。
(「DVD NAVIGATOR」データベースより)


Review :
玉木くん目当てで見てみました。聡史と瑞樹が付き合い始めてからのエピソードがとても微笑ましい。特に海辺のシーンといたずら書きするシーンがスキ。映像もすごくキレイで、うっとりするほど素敵なラブストーリーでした。恋愛っていいなぁ、と改めて思わせていただいた。やっぱり好きなら会わないとね。
ただ個人的な趣味として、小西真奈美さんのチャキチャキした役どころにどうしても馴染めないのと、後半に出てくる弱気な声とのギャップが大きすぎて興冷めしてしまった。玉木くんはパーフェクト。ステキです。
ビハインド・ザ・サン
ビハインド・ザ・サン [DVD]ビハインド・ザ・サン [DVD]
(2006/10/27)
ロドリゴ・サントロラヴィ=ラモス・ラセルダ

商品詳細を見る


2001年 / ブラジル・フランス・スイス / 92 minutes
出演 : ロドリゴ・サントロ、ラヴィ=ラモス・ラセルダ、ホセ・デュモント、リタ・アッセマニー
監督 : ウォルター・サレス
原題 : Abril Despedacado / Behind the Sun
公式サイト →


Story :
1910年のブラジル。プレヴィス家の長男がフェレイラ家の人間に殺された。プレヴィスの次男トーニョはフェレイラの家長に復讐をし、フェレイラ家からの復讐は逃れられない運命にあった…。 (「Amazon.co.jp」より)


Review :
モーターサイクル・ダイアリーズ」のウォーター・サレス監督、「ラブ・アクチュアリー」のロドリゴ・サントロ主演ということでかなり期待してみたんですが・・・正直イマイチ。
というか、優れた作品なのはなんとなく分かったけど好みじゃなかった。

そもそもひたすら殺し合いを続ける二つの家という設定が好きじゃないし、それをまるで儀式のように仰々しく守り続けてるところもどうしても納得いかない。そんなもんどうでもいいから息子に名前くらいつけてやれ!と父親に嫌悪感を覚えてしまいました。

ただ、映像はすごく美しい。
荒涼とした大地と真っ青な空、ぐるぐると空を回る女性、暗い目をして回り続ける牛たち、そしてロドリゴの何かを内に秘めたような瞳!(←メロメロ) 印象的なシーンがたくさんありました。ストーリーが好きになれなかったことが残念です。。


↓予告編

ニライカナイからの手紙
ニライカナイからの手紙 [DVD]ニライカナイからの手紙 [DVD] お気に入り!
(2006/01/24)
蒼井優平良進

商品詳細を見る


2005年 / 日本 / 113 minutes
出演 : 蒼井優、南果歩、平良進、金井勇太、かわい瞳
監督 : 熊澤尚人
 

Story :
すりきれた手紙を抱きしめ、少女は大人になる。沖縄の離島、竹富島を舞台に、母親と娘、その祖父の三世代にわたる心の絆をつづる感動作。「Amazon.co.jp」より)


Review :
こんなに号泣した映画は久々です。
すっごく良かった!!

母親からの手紙というだけで私としてはぐっとくるものがあるんだけど、それ以外にも、おじい、友達、島の人々など、出てくる人たちがみんな優しくて癒されます。温かい涙がたくさんこぼれました。沖縄の海も透明で青くて本当に美しい。竹富島にもぜひ行ってみたいです。

そして何より、蒼井優ちゃんが本当にイイ!
常々、女の子を産むなら彼女みたいな子にしたいと願ってる私ですが(笑)、今回も期待を裏切らず、かなり良かったです。東京で戸惑ってる感じとか、母親の言葉を糧にひたむきにがんばる姿とか、もうたまらんです。

母親役の南果歩さんもよかった。
「風希」と呼びかける声がすごく優しい。手紙も、 「会えなくてごめんね」と謝るのではなく、「愛してる」「応援してる」と伝え続けたところがステキ。
私も将来、こんな手紙を娘に書ける母親になりたいな。
カーサ・エスペランサ ~赤ちゃんたちの家~
カーサ・エスペランサ ~赤ちゃんたちの家~ [DVD]カーサ・エスペランサ ~赤ちゃんたちの家~ [DVD]
(2005/04/22)
マギー・ギレンホールダリル・ハンナ

商品詳細を見る


2003年 / アメリカ・メキシコ / 95 minutes
出演 : マギー・ギレンホール、ダリル・ハンナ
監督 : ジョン・セイルズ
原題 : Casa de los babys


Story :
養子縁組を目的に南米を訪れた6人の女たち。申請書は受理されず、ただ待つだけの日々に苛立ちながらも、女たちは少しずつ互いの人生に踏み込んでいく。 (「DVD NAVIGATOR」データベースより)


Review :
養子縁組を望む女性たちの物語だと思っていたら、10代の未婚の母の多さ、ストリートチルドレン、高い失業率など南米の社会問題にも同じくらいスポットが当てられていて意外と社会派。

もうちょっと6人の女性について描いてほしかったなぁっていう欲求不満とか、ストーリー的によく理解できなかった箇所もいくつか残りました。
つーかね、登場人物が多すぎて名前が覚えられませんでしたよ。
(ので2回連続で観た:笑)

でもなぜか結構気に入りました。

女性たちの事情がみんなリアルで切実で、特にアイリーンとアスンシオンのそれぞれの独白シーンとスキッパーの過去を語るシーンはかなり胸に迫るものがあった。
国際養子縁組については、この作品の中でも 「赤ちゃんは最大の輸出品」 というセリフがあったように、子供をモノのように売買するというネガティブなイメージもあるけれども、こういう作品を見た後ではとても反対とは言えないなぁ。。

そしてやっぱり、世界に必要なのは愛とコンドームだなとしみじみ。
ちなみに、アヤしすぎる星占いのオジサンは結構スキ。

予告編

いつか読書する日
いつか読書する日 [DVD]いつか読書する日 [DVD] お気に入り!
(2006/02/24)
田中裕子岸部一徳

商品詳細を見る


2004年 / 日本 / 127 minutes
出演 : 岸部一徳、田中裕子、池辺晋一郎、杉本哲太
監督 : 緒方明
原作 : 青木研次
公式サイト →


Story :
朝は牛乳配達、昼はスーパーで働く50歳の独身女性・大場美奈子は、中学の同級生・高梨槐多に密かな想いを抱き続けていた。(「DVD NAVIGATOR」データベースより)


Review :
あー、なんかグッときた。かなりよかった。
主役の二人がかなりイイです。(一徳さんは「SURVIVE STYLE5+」の鳥のイメージが払拭できずにちょっと笑ってしまったけど) 二人ともすごく無表情なんだけど、さまざまなシーンからこれまでの生き様とか切なさとか情愛が染み出している。描き方がすごく上手い。ラブシーンもちょっと滑稽に見えるところがまたリアル。そして愛しい。

世代は違うものの、美奈子に妙にシンクロして号泣してしまいました。
「生きがいは牛乳配達」、「クタクタになれば一人の夜も寂しいと感じない」と言う美奈子は、一人だけで自己完結していて男嫌いのようにすら見える。
でも本当は自分に考える時間を与えないように読書と牛乳配達にのめりこんでいったんじゃないだろうか。彼女の本棚には文学全集と一緒に恋愛モノも多く置かれていて、言葉とは裏腹な美奈子の気持ちが垣間見えるようだった。
地味で堅実に見えるオジサンとオバサンが実はあんな想いを秘めて生きていたなんて。人に歴史あり。人生ってなかなか面白いと思いました。
原作も読んでみたいところ。

ちなみに、10年前の私はきっと、この作品を見ても感動できなかったんじゃないかと思う。分かるようになった自分がちょっとウレシイです。

↓YouTubeで予告編を見る
http://jp.youtube.com/watch?v=GJmTOlHfIcU

 
僕の恋、彼の秘密
僕の恋、彼の秘密 [DVD]僕の恋、彼の秘密 [DVD]
(2006/06/07)
トニー・ヤンダンカン・チョウ

商品詳細を見る


2004年 / 台湾 / 93 minutes
出演 : トニー・ヤン、ダンカン・チョウ、キング・チン
監督 : DJ チェン
原題 : 17歳的天空
公式サイト →


Story :
憧れの都会で夏休みを過ごそうと台北にやってきた少年・ティエンと、そこで出会った“ミスター・ラブマシーン”と呼ばれるほどのプレイボーイ・バイを中心に、若者たちの恋模様を描く。
(「Oricon」データベースより)


Review :
韓流の次は華流(ファーリュー)らしいよ。というわけで、友人ゲイくんから借りて見たところ予想外に面白かった。
ラブコメディなのでベタと言えばベタなんだけど、テンポよくさわやかなので気軽に楽しめるし、何より俳優陣が、というか主役の二人がとーーーってもステキ!甘いマスクに引き締まった体。実はすっかりメロメロ(笑)。ついつい特典映像のインタビュー見ながらニヤニヤしちゃいました。二人とも髪が短くて映画に出てるときよりステキよ☆どっちが好みか真剣に考えてみたんだけど、むむー、選べない!
ちなみにダンカンのチュウは結構激しいらしい。(トニー談)
ヒューマン・ネイチュア
ヒューマン・ネイチュア コレクターズ・エディション [DVD]ヒューマン・ネイチュア コレクターズ・エディション [DVD]
(2002/10/11)
パトリシア・アークェットティム・ロビンス

商品詳細を見る


2001年 / アメリカ・フランス / 96 minutes
出演 : ティム・ロビンス、リス・エヴァンス、パトリシア・アークェット、ミランダ・オットー
監督 : ミシェル・ゴンドリー
原題 : Human Nature
公式サイト →

Story :
自分をサルだと思いこんでいる男と毛深い女性、マナー重視の博士の奇妙な関係を描くヒューマンコメディ。
(「DVD NAVIGATOR」データベースより)


Review :
リス・エヴァンス目当てで見てみました。
相変わらずステキな変人っぷりで大満足でした。

今回はおバカ映画かと思い軽い気持ちで見たら (もちろん笑いどころも満載だったけど)、いい意味で裏切られました。意外と深い。
類人猿と人間の差は文明。
パフの知能が上がっていく様子は笑えるところもあったけど、それ以上に「アルジャーノンに花束を」と似たような物悲しさを感じました。

人間って他の生き物よりエライの?
知能が高くて文明を持っているからと言って、自然の流れを変えるようなことをしてもいいの?
ネズミにテーブルマナーを教え込むなんていうのはその辺のおかしさを
うまく表してると思う。
そしてラストはある意味衝撃。脚本がかなりウマイです。

ちなみにミシェル・ゴンドリーさんて、ビョークのPVとか作ってる人らしい。 「エターナル・サンシャイン」 もそうだったけど、映像の色が美しくてかなり好み。

↓予告編

 
バタアシ金魚
バタアシ金魚 [DVD]バタアシ金魚 [DVD]
(1997/10/22)
高岡早紀筒井道隆

商品詳細を見る


1990年 / 日本 / 95 minutes
出演 : 筒井道隆、高岡早紀、東幹久、浅野忠信、伊武雅刀
監督 : 松岡錠司
原作 : 望月峯太郎
 

Story :
カオルは高校生。同じ高校のソノコに一目惚れをして、彼女の気をひくために泳げもしないのに水泳部に・・・(「Amazon.co.jp 」より)


Review :
とにかく最初から最後まで気になったのが、セリフ回し。
「ばっきゃーろー」とか「たわけ者」とか「ステディな関係」とか、数々の名言が飛び出して苦笑させられます。ちょっと時代を感じる(懐)。

とはいえ、ストーリーはおバカなだけじゃなくて しっかり恋愛にも焦点が当てられてて胸キュンさせてもらったし、意外とスキかも、こういうの。セリフの古さも含めて甘酸っぱさ満点です。
しかも舞台は緑豊かな田舎町、と思いきや千葉都市モノレールが出てきてビックリ。自分の思い出とリンクしてさらに甘酸っぱさアップ。
思わずミッキーが高校時代のO先輩に見えてきたわよ(笑)。

自分より年上の出演者達の10代の姿も見ているだけでまぶしいです。
筒井道隆さんは体の線も細くて (ウエストのくびれがスゴイ) 少年っぽさが残っていたように思う。

そしてそして何より一番の注目は、ビックリするほど子供な浅野忠信さん。坊主頭で声裏返ってたよ!ド肝抜かれたよ!もうそれだけで見る価値あり。
ヴェラ・ドレイク
ヴェラ・ドレイク [DVD]ヴェラ・ドレイク [DVD]
(2006/02/24)
イメルダ・スタウントンフィル・デイヴィス

商品詳細を見る


2004年 / イギリス・フランス・NZ / 124 minutes
出演 : イメルダ・スタウントン、フィル・デイヴィス、ダニエル・メイズ
監督 : マイク・リー
原題 : Vera Drake


Story :
1950年代のイギリス。明るい働き者で一家の母。気だての良いヴェラ・ドレイクには秘密があった。望まない妊娠をしてしまった女性たちの堕胎の世話をしていたのだ・・・
(「Amazon.co.jp」より)


Review :
見終えた後、なんとも割り切れない気持ちになりました。。

困っている女性を助けたい一心で堕胎の世話をしていたヴェラは罪人なのか。
そもそも暴力によって望まない妊娠をした女性が堕胎をすることは罪なのか。
金儲けをしていた友人の罪は問われないのか。
彼女がしていたことは愛する家族への裏切りなのか。

主演のイメルダ・スタウントンがとても良いです。
せっせと家事をこなす様子や泣き顔など、とても演技とは思えないほどリアルなため、ヴェラ・ドレイクという人をイメージしやすく、より作品に入りこめました。

事実が発覚してからはとにかく泣いてばかりいるヴェラがちょっとイヤだなぁと思ったんですが、あとになって考えてみれば、あの涙は逮捕・起訴されたことの恐怖や他の人を傷つけてしまったという恐れからくるもので、後悔の涙ではないように思えました。
出所した後、頼まれればきっとまた同じ事をするんじゃないかな。

何が正しいことなのかは分からないけれど、もし自分がヴェラの娘だったなら、心の底から母親を尊敬するだろうと思う。

↓予告編

イン・ザ・プール
イン・ザ・プール [DVD]イン・ザ・プール [DVD]
(2005/10/19)
松尾スズキオダギリジョー

商品詳細を見る


2005年 / 日本 / 100 minutes
出演 : 松尾スズキ、オダギリジョー、田辺誠一、MAIKO
監督 : 三木聡
原作 : 奥田英朗
公式サイト →


Story :
伊良部総合病院の精神科医・伊良部一郎。
彼はいつも白衣の下にヒョウ柄のシャツとブーツを合わせ、テキトーな診察でお気楽に過ごしている。だが何故か彼のもとには、その不思議な魅力に引き込まれるように患者が次々と訪れるのだった。(「Amazon.co.jp」より)


Review :
伊良部センセイ役が松尾スズキさん、という時点で原作とは違うモノになってるけど、それは別にして普通のコメディとして楽しめました。
監督はバラエティ作家だったこともあり小ネタが随所に散りばめられている。会話と会話の間(マ)にもかなりこだわっているらしい。しらたきを踏みつぶすところとか、ムンクの叫びボールペンとか、伊良部センセイの元妻が側転で去るところとか、かなりウケました。オダジョーのモザイクもかなりイイです。

残念だったのは、マユミちゃんのキャラをもうちょっと出して欲しかったのと、伊良部センセイの車がポルシェじゃないところ。
あれって三菱車?ナゼ??

ちなみに「空中ブランコ」は阿部寛さん主演でドラマ化されてますが、伊良部センセイのキレ具合はあちらの方が上だったかも。
| BLOG TOP |
Category
Search
Profile

いけこ

Author:いけこ
都内で働く30代派遣OL。
ジャンルはこだわらず何でも見ます。
邦画・ミニシアター系が特にスキ。
最近は韓流に心奪われてます。

最低でも月に10本。
ネタバレもあります。
映画館だと寝てしまうので、
もっぱら自宅でDVD派。
コメント・TBお待ちしてます。

↓ランキングに参加してます。
気に入ったらクリックお願いします!
人気ブログランキング

↓姉妹ブログもよろしくネ!
27歳の記録(日記)
いけこのBOOKレビュー

↓TSUTAYA は私のトモダチ




My Favorite

ラブ・アクチュアリー
ラブ・アクチュアリー

笑いあり、切なさあり、胸キュンありの
オムニバスラブストーリー。
幸せな気持ちをたくさんくれる作品。
ダイスキ!



リトル・ミス・サンシャイン
リトル・ミス・サンシャイン

家族のキャラが濃ゆくて楽しい。
不器用で優しい、素晴らしい
家族の物語。



モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版
モーターサイクル・ダイアリーズ

若き日のチェ・ゲバラの旅行記。
南米の美しい景色とゲバラの
生き様に二度感動。
さわやかな青春モノです。



Dearフランキー
Dearフランキー

親子の愛を描いた感動作。
出てくる人がみんな優しくて
温かい涙がこぼれます。



やさしくキスをして
やさしくキスをして

文化や宗教の違いを乗り越え
ようとする二人の姿に感動。
セクシーなカシムにうっっとり!




ツォツィ

スラムで育ったツォツィが徐々に
愛情に目覚めていく姿が胸に
響きます。愛情と人間の可能性を
再認識させてくれた作品。



ビフォア・サンライズ 恋人までの距離
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離

恋に落ちた二人がただひたすら
語り合う物語。
二人の仕草や表情がすごくリアル。
やたらと恋がしたくなる、
上質の恋愛映画。



アクセスランキング

Copyright © いけこのDVD鑑賞記 All Rights Reserved.
Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。