Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Links
RSS
ブロとも申請フォーム
My Favorite

メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)
メゾン・ド・ヒミコ

ストーリーも映像も出演者も
音楽も、どれも素晴らしい!
「生きる」ということ、人と人とのつながりを描いた温かい作品。



かもめ食堂
かもめ食堂

色というか、光というか、
全体的な雰囲気がすごくステキ。
「豚身昼斗念」にヤラれました。



花とアリス 通常版
花とアリス

主役二人の魅力爆発!!
人形のような二人がクスクス笑いながらイタズラしたり恋したりする様は
まるでおとぎ話のよう。



きょうのできごと スペシャル・エディション
きょうのできごと

何気ない日常を切り取った作品。
なんだかすごく懐かしくて切なくて
ノスタルジックな感じがたまらない。



トニー滝谷 プレミアム・エディション
トニー滝谷

静かで寂しくて、でもどこか優しい。
原作の世界観をきっちり再現。



マラソン
マラソン

自閉症の男の子がフルマラソンを
完走した、実話をもとにした感動作。
親子の絆や愛情が胸に沁みます。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノッティングヒルの恋人
ノッティングヒルの恋人 [DVD]ノッティングヒルの恋人 [DVD] お気に入り!
(2008/11/27)
ジュリア・ロバーツ
ヒュー・グラント

商品詳細を見る


1999年 / アメリカ / 123 minutes
出演 : ジュリア・ロバーツ、ヒュー・グラント、リス・エヴァンス
監督 : ロジャー・ミッチェル
脚本 : リチャード・カーティス
原題 : Notting Hill
 

Story :
世界一有名な美人女優のアナが、イギリスにロケしている最中、街で出会った旅行書専門本屋のウィリアムと恋に落ちる。育った環境も現在の仕事もまったく違う2人の恋はどう展開するのか?  (「Amazon.co.jp」より)


Review :
数年ぶりに見返してみたら、ものすごーーくトキメキました。
私、コレ、好き!! p(≧▽≦)q

主役の二人がまさにハマリ役。
ヒュー・グラントはお得意の気が弱くて冴えないイギリス男、ジュリア・ロバーツは女優のクールな顔から大きな口を開けた輝くような笑顔まで、表情が美しすぎです。もちろん笑いどころも満載。会話のセンスがとても良くて、うっとりとニヤニヤの連続でした。

そして、主役以外の登場人物もみんな個性的なところが良い。
同居人のスパイクはもちろん (インタビューに答える素顔のリスはなかなかステキだった!)、友達もちょっとゲイっぽいマックスもホテルのフロントの人も、みんなユニークで優しい。特にハニーの誕生日パーティの親密な雰囲気がとても良かった。とにかく幸せな気分になれます。まさに現代版 「ローマの休日」。

ちなみに、DVDの特典映像も充実。
未公開シーン(「両親への告白」が笑えた)、ヒューの撮影日記、インタビュー等なかなか楽しめました。ヒュー・グラントのご両親も出てます。

↓私のお気に入り、スパイクのTシャツのシーン


↓失恋したウィリアムがマーケットを歩くシーン
(Ain't no sunshine)

 
スポンサーサイト
ワンダフルライフ
ワンダフルライフ [DVD]ワンダフルライフ [DVD]
(2003/03/28)
ARATA是枝裕和

商品詳細を見る


1999年 / 日本 / 118 minutes
出演 : ARATA、小田エリカ、谷啓、寺島進、伊勢谷友介
監督 : 是枝裕和
公式サイト →


Story :
天国で過ごす前に訪れる施設。そこでは死者の人生で最も大切な思い出を選び出し、上映会を行っている。職員たちは分担して思い出を聞き出していたが、渡辺という男は他の死者とは何かが違っていた…。(「DVD NAVIGATOR」データベースより)


Review :
設定が独特で面白い。レトロで美しい映像も素敵。全体的な雰囲気がすごく好きです。
登場人物たちが思い出を語るときの表情がとても明るくて、自分の人生を愛しむようなやさしい笑顔が印象的でした。それぞれの思い出が決して派手なものばかりではなく、なんでもない日常のワンシーンが幸福の象徴として描かれているところがすごく良いと思う。

”自分の一番大切な思い出は何だろう”
この作品を見たら誰もが考えると思う。もちろん私も考えた。
たくさん笑ったこと、嬉しくて泣いたこと、そして、これまで共に過ごしてきた大切な人たちの顔。とても一番の記憶なんて選べない。でも選べないっていうのはすごく幸せなことなんじゃないかと思う。どれも大切すぎて、忘れるには惜しい記憶ばかりだからだ。

一方で、”あの頃はよかった”と過去を振り返るのではなく、常に今が一番幸せだと思いながら生きていたいという願望もある。そうなると 「選ばない、という責任の取り方」 もカッコイイと思う。(もちろんそのセリフを吐く伊勢谷くんもカッコよかったw)
死んだ後でこんな風に思えるならば、生きてることも死ぬことも悪くないじゃない、という気分になった。
まさにワンダフルライフ。
愛しのローズマリー
愛しのローズマリー (特別編) (ベストヒット・セレクション) [DVD]愛しのローズマリー (特別編) (ベストヒット・セレクション) [DVD]
(2007/11/21)
グウィネス・パルトロウ

商品詳細を見る


2001年 / アメリカ / 114 minutes
出演 : グウィネス・パルトロウ、ジャック・ブラック
監督 : ボビー・ファレリー、ピーター・ファレリー
原題 : Shallow Hal
公式サイト →


Story :
父親の影響で超面食いのハルは、自己精神治療師に催眠術をかけられ、彼の目には巨漢の女性が美女に見えるようになる。
そんなときに彼はローズマリーに出会ってひとめぼれ。彼の目にはセクシー美女だが、実はローズマリー、体重136キロの巨漢だった!(「Amazon.co.jp」より)


Review :
おもしろかったー。
笑えるB級映画かと思いきや、予想外に心温まる素敵なストーリーでした。
「美は見る人の目に宿る」 という言葉がすごく印象的だった。確かにその通りだと思う。

見た目はもちろん大切だけど、外見に惑わされて内面の美醜を見抜けない人はやっぱり美しい心を持っていないってことなんじゃないかと思う。おデブなローズマリーと付き合うのを見て、ハルに女性が寄ってくるようになるっていうのも妙に現実を表してるように思えた。外見しか見てない人には同じような人しか寄ってこないってことなのかもしれない。
大切なことを教えてもらった気がする。

もちろんギャグも満載。
ハルが間違えてお手伝いさんにキスしちゃう場面が笑えた。濃厚すぎですから(笑)。そして何より、グウィネスの表情がとてもヨイ。彼女のはにかんだような、ちょっと困ったような微笑み方がローズマリーの女性としての自信のなさとか男性に慣れてない感じにピッタリで、とてもかわいらしかった。

それにしてもまー、この設定はありえないと思ってたんですが
なんとこれ、実話だそうです。ビックリした~。

私もあの催眠術かけて欲しい!!でも周りの人がかけられた場合、私はどんな風に見えるんだろうと思うとちょっとコワイ・・・
ちなみに公式サイトでチェックしたココロの透明度は75%でした。
ホッ。

予告編

ユナイテッド93
ユナイテッド93 [DVD]ユナイテッド93 [DVD] お気に入り!
(2006/11/30)
コリー・ジョンソンタラ・ヒューゴ

商品詳細を見る


2006年 / アメリカ・イギリス / 111 minutes
出演 : コーリイ・ジョンソン、デニー・ディロン
監督・脚本 : ポール・グリーングラス
原題 : United 93


Story :
2001年9月11日、アメリカ国内の空港を飛び立った旅客機4機がほぼ同時にハイジャックされる。うち2機はワールド・トレード・センターに、もう1機はペンタゴンに激突炎上した。乗客40人を乗せたユナイテッド航空93便でもハイジャックが起きるのだが…。


Review :
見ていて本当に苦しかった。結末が分かっているだけに、とにかく怖くて怖くてたまらなかった。音楽が鼓動の音に似ていてハラハラ感が増して、臨場感抜群。クライマックスシーンでは呼吸が苦しくなってパニックになりそうなほどでした。はぁ~。。。。

テロリスト達を一方的に悪者に仕立て上げるものではなく、彼らの恐怖心や迷いを表現したところや、変にお涙頂戴モノじゃないところがよかったと思う。(もちろん"I loveyou. Goodbye." と電話を切る人々の表情にもかなり泣かされた)

この作品をつくるにあたり、100本を超える遺族や友人へのインタビューが行われ、俳優達には自分が演じる役柄について人物像や状況が細かく伝えられたそうです。遺族と直接やり取りをして演技のアドバイスをもらうこともあったらしい。事件当時、実際に業務に携わっていた管制塔職員やCA経験者も出演しているし、綿密にリアリティを追求した監督の想いが伝わってきます。

パンフレットには乗員乗客40名の名前と説明が載ってました。
これを読むと、本当に多くの人々の命が奪われたという事実がリアルに胸に迫る。映画を見る前に読んだらさらに入り込めたかも。
ちなみに私はラガーマンの彼がスキ。マークさんっていうらしいよ。

↓YouTubeで予告編を見る

 
ハッピー・フライト
ハッピー・フライト スペシャル・エディション [DVD]ハッピー・フライト スペシャル・エディション [DVD]
(2006/04/28)
グウィネス・パルトロウマイク・マイヤーズ

商品詳細を見る


2003年 / アメリカ / 87 minutes
出演 : グウィネス・パルトロウ、マイク・マイヤーズ、 マーク・ラファロ
監督 : ブルーノ・バレット
原題 : View from the Top
 

Story :
田舎育ちのドナは、国際線のスチュワーデスを目指し、業界大手の航空会社の試験に挑戦。養成面接をパスし、配属を決める試験も国際線に楽々パスと思ったら、平均点以下が勤務する国内線勤務に・・・(「Amazon.co.jp 」より)


Review :
パッケージのデザインからして「キューティ・ブロンド」 の二番煎じなのかと思ってたら予想外に面白かった。おバカすぎず調子よすぎず、軽い気持ちで楽しめる。

グウィネスがすごくキュート!というかスタイル良すぎ!!
ファッションはちょっとレトロな雰囲気で、FAの衣装を身に着けた上品な顔とかカジュアルな衣装の時の囲み目メイクとか、いろんな表情を楽しめる。
個人的にはマイク・マイヤーズの斜視がスキ。
左目でガン見しすぎ(笑)。
茶の味
茶の味 グッドテイスト・エディション 茶の味 グッドテイスト・エディション お気に入り!
坂野真弥、佐藤貴広 他 (2005/02/25)
レントラックジャパン
この商品の詳細を見る


2003年 / 日本 / 143 minutes
出演 : 浅野忠信、手塚理美、我修院達也、三浦友和
監督 : 石井克人
公式サイト →
 

Story :
春野家の家族はそれぞれ心にモヤモヤとした悩みを抱えていた。長男ハジメは片思い、妹の幸子はときどき巨大化した自分を見てしまうことにとまどっていた…。
2004年カンヌ国際映画祭監督週間 オープニング作品。
(「Amazon.co.jp」より)


Review :
ヤバイ!ヤバイヤバイヤバイ!
コレ、かなり面白いよ!今年見た中で一番笑った。みんなでワイワイ見るというよりは、一人でじっくりその笑いをかみしめたいような、シュールで独特な笑い。
「三角定規」と「山よ」はとにかくもう好き過ぎて死ぬ。
我修院達也さん最高です


山よ(DVD) ◆20%OFF!



そして、これだけおバカ満載なのに、実はかなりハートウォーミングなのがまたスゴイ。最後の方では思わず泣いてしまいました。
いや~、見てよかった!

ちなみにMTV映画特番の中で、真弥ちゃんとおしゃべりする浅野さんの優しい笑顔はホントにホントにステキでした!もういろんな意味でメロメロです。

↓振り付きで覚えたい 「山よ」

  
空中庭園
空中庭園 通常版 [DVD]空中庭園 通常版 [DVD]
(2006/05/26)
小泉今日子板尾創路

商品詳細を見る


2005年 / 日本 / 114 minutes
出演 : 小泉今日子、板尾創路、鈴木杏, 広田雅裕、國村隼
監督 : 豊田利晃
原作 : 角田光代
公式サイト →
 

Story :
今や「ダンチ」と呼ばれているニュータウンの一室に暮らす京橋家。家族間では秘密を作らないという自分たちで作ったルールを守ることもできず、それぞれ誰にも言えない秘密を持っていた。 (「Amazon.co.jp」より)


Review :
冒頭の美しい映像と原作通りのセリフに、おおこれは!!と 期待したものの 見始めてすぐに、あまりにもサイコな映像にド肝を抜かれてしまいました。血がドピューッとかグルグル回るカメラワークとか・・・かなりキモチワルイ。
でも結構面白かった。

もちろん人物描写やストーリーは原作の方が断然深みがあって面白いんだけど、これはこれでまた別の良さがあったように思う。
というかむしろ、意味の分からない象徴的な映像が多いながらも、実は原作よりも分かりやすかった。 原作は二度読んだにも関わらずイマイチ消化できずにレビューが書けなかったんです。。


(以下ネタバレなので要注意↓)


この作品のテーマは 「思い込み」 ではないかと思う。
秘密を作らない=後ろめたいことがない幸せな家族、という思い込み、母親に愛されなかったという思い込み、このマンションに住めば幸せになれるという思い込み、そして、一見幸せそうに見える京橋家は仮の姿で本当はみんなバラバラ、ということですら思い込みだったりする。
エリコを苦しめていたのは他でもない自分自身の思い込みだったのだ。

実際に何が起きているかは関係ない。
思い込みというものはあくまで主観であり実に曖昧なものだ。であるにも関わらず、それが自分にとっての真実になる。裏を返せば、ヒトは自分が信じているものにしかなれないということだ。 となると結局はポジティブシンキングが一番、という当たり前の結論にたどり着く。うんざりするほど使い古されてきたその言葉こそが真理だった、と改めて気付かせてくれた作品。
ちなみに、京橋家のダイニングチェアがすごくかわいかった。 アレ欲しい。

↓YouTubeで予告編を見る
http://jp.youtube.com/watch?v=8dYOCp5X1Y8
 

| BLOG TOP |
Category
Search
Profile

いけこ

Author:いけこ
都内で働く30代派遣OL。
ジャンルはこだわらず何でも見ます。
邦画・ミニシアター系が特にスキ。
最近は韓流に心奪われてます。

最低でも月に10本。
ネタバレもあります。
映画館だと寝てしまうので、
もっぱら自宅でDVD派。
コメント・TBお待ちしてます。

↓ランキングに参加してます。
気に入ったらクリックお願いします!
人気ブログランキング

↓姉妹ブログもよろしくネ!
27歳の記録(日記)
いけこのBOOKレビュー

↓TSUTAYA は私のトモダチ




My Favorite

ラブ・アクチュアリー
ラブ・アクチュアリー

笑いあり、切なさあり、胸キュンありの
オムニバスラブストーリー。
幸せな気持ちをたくさんくれる作品。
ダイスキ!



リトル・ミス・サンシャイン
リトル・ミス・サンシャイン

家族のキャラが濃ゆくて楽しい。
不器用で優しい、素晴らしい
家族の物語。



モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版
モーターサイクル・ダイアリーズ

若き日のチェ・ゲバラの旅行記。
南米の美しい景色とゲバラの
生き様に二度感動。
さわやかな青春モノです。



Dearフランキー
Dearフランキー

親子の愛を描いた感動作。
出てくる人がみんな優しくて
温かい涙がこぼれます。



やさしくキスをして
やさしくキスをして

文化や宗教の違いを乗り越え
ようとする二人の姿に感動。
セクシーなカシムにうっっとり!




ツォツィ

スラムで育ったツォツィが徐々に
愛情に目覚めていく姿が胸に
響きます。愛情と人間の可能性を
再認識させてくれた作品。



ビフォア・サンライズ 恋人までの距離
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離

恋に落ちた二人がただひたすら
語り合う物語。
二人の仕草や表情がすごくリアル。
やたらと恋がしたくなる、
上質の恋愛映画。



アクセスランキング

Copyright © いけこのDVD鑑賞記 All Rights Reserved.
Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。