Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Links
RSS
ブロとも申請フォーム
My Favorite

メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)
メゾン・ド・ヒミコ

ストーリーも映像も出演者も
音楽も、どれも素晴らしい!
「生きる」ということ、人と人とのつながりを描いた温かい作品。



かもめ食堂
かもめ食堂

色というか、光というか、
全体的な雰囲気がすごくステキ。
「豚身昼斗念」にヤラれました。



花とアリス 通常版
花とアリス

主役二人の魅力爆発!!
人形のような二人がクスクス笑いながらイタズラしたり恋したりする様は
まるでおとぎ話のよう。



きょうのできごと スペシャル・エディション
きょうのできごと

何気ない日常を切り取った作品。
なんだかすごく懐かしくて切なくて
ノスタルジックな感じがたまらない。



トニー滝谷 プレミアム・エディション
トニー滝谷

静かで寂しくて、でもどこか優しい。
原作の世界観をきっちり再現。



マラソン
マラソン

自閉症の男の子がフルマラソンを
完走した、実話をもとにした感動作。
親子の絆や愛情が胸に沁みます。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンマッコルへようこそ
トンマッコルへようこそ トンマッコルへようこそ
シン・ハギュン (2007/03/02)
日活
この商品の詳細を見る


2005年 / 韓国 / 132 minutes
出演 : シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン
監督 : パク・クァンヒョン
音楽 : 久石譲
原題 : Welcome to Dongmakgol
公式サイト →


Story :
朝鮮戦争のさなか、韓国軍と人民軍、そして連合軍の兵士たちが偶然にも不思議な村トンマッコルに迷い込んできた。まるでユートピアのような村とそこに住む人々の純朴な温かさに、始めは反目していた兵士たちもやがて打ち解け始めていく。しかし、同胞を探しに連合軍が村へ侵入してきたことから、トンマッコルの平和は打ち破られてしまい…。(「Amazon.co.jp」より)


Review :
不思議な話。美しい映像と雄大な音楽でやわらかくほのぼのとした雰囲気を持ちながらも反戦・南北朝鮮統合という強烈なメッセージ性も感じられる。寓話のような印象。
途中で何度か 「もののけ姫」 とか 「千と千尋と神隠し」 みたいだなぁとぼんやり感じたんだけど、後で音楽を久石譲さんが担当していると知って納得。

前半は正直ちょっと退屈で、このままどうなることかと思ったけど、後半かなり引き込まれました。
イノシシのシーンがちょっとスウィング・ガールズ、または昔やってたサッポロ黒ラベルのCM () を彷彿とさせる感じ(笑)。でもあの後からぐっと面白くなったような気がする。

韓国の兵士が北朝鮮の兵士を 「お兄さん」 と慕うところなんてステキじゃないか!他にもいいなぁと思うシーンがたくさん出てきた。
とても良い作品だと思うけど、自分的にちょっと消化しきれてない部分があったので、ゼヒとももう一度見返してみたい。

ちなみに、チョン・ジェヨンとシン・ハギュンがすごーくかっこよかったです。私はチョン派。

↓ YouTubeで予告編を見る(日本語)
http://jp.youtube.com/watch?v=TL36AT6TFhI
スポンサーサイト

PLEASE POST YOUR COMMENT













| BLOG TOP |
http://ikekoikeko.blog22.fc2.com/tb.php/378-146618d2
2005年製作の韓国映画。2005年韓国映画界で興収No.1を記録したドラマ。戦火の及ばないトンマッコル村で偶然に鉢合わせた3組の兵士が、敵味方の壁を超えて絆を育んでいく姿を、笑いと涙と感動を交えて描く。音楽を手掛けるのは久石譲。<font color="red" size=&
シネマ通知表 【2007.11.16】 []
カテゴリ : SF/ファンタジー 製作年 : 2005年 製作国 : 韓国 時間 : 132分 公開日 : 2006-10-28~ 監督 : パク・クァンヒョン 出演 : シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘジョン 50年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村”トンマッコル”へ
サーカスな日々 【2007.06.22】 []
「トンマッコルへようこそ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン、他 *監督:パク・クァンヒョン *音楽:久石譲 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ち
映画レビュー トラックバックセンター 【2007.06.16】 []
映画館にて「トンマッコルへようこそ」架空のユートピア“トンマッコル”を舞台に、敵対する兵士たちが癒されていく姿を描く。“トンマッコル”は“子供みたいに純粋”という意味。1950年代、その地上の楽園みたいな村に迷い込んできた米軍、韓国軍、北朝鮮軍の兵士たち。最
ミチの雑記帳 【2007.06.15】 []
韓国で800万人が笑って泣いた・・・という触れ込みの作品。
ひらりん的映画ブログ 【2007.06.15】 []
今年、大々々本命にしていた韓国映画で、DVDも試写会も見向きもせずにこの日を待ってました。ジブリの実写版なんていう評判も耳にしたけど、久石護さんのすばらしい音楽によるところも大きいですよね。+++ちょいあらすじ
カノンな日々 【2007.06.15】 []
Category
Search
Profile

いけこ

Author:いけこ
都内で働く30代派遣OL。
ジャンルはこだわらず何でも見ます。
邦画・ミニシアター系が特にスキ。
最近は韓流に心奪われてます。

最低でも月に10本。
ネタバレもあります。
映画館だと寝てしまうので、
もっぱら自宅でDVD派。
コメント・TBお待ちしてます。

↓ランキングに参加してます。
気に入ったらクリックお願いします!
人気ブログランキング

↓姉妹ブログもよろしくネ!
27歳の記録(日記)
いけこのBOOKレビュー

↓TSUTAYA は私のトモダチ




My Favorite

ラブ・アクチュアリー
ラブ・アクチュアリー

笑いあり、切なさあり、胸キュンありの
オムニバスラブストーリー。
幸せな気持ちをたくさんくれる作品。
ダイスキ!



リトル・ミス・サンシャイン
リトル・ミス・サンシャイン

家族のキャラが濃ゆくて楽しい。
不器用で優しい、素晴らしい
家族の物語。



モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版
モーターサイクル・ダイアリーズ

若き日のチェ・ゲバラの旅行記。
南米の美しい景色とゲバラの
生き様に二度感動。
さわやかな青春モノです。



Dearフランキー
Dearフランキー

親子の愛を描いた感動作。
出てくる人がみんな優しくて
温かい涙がこぼれます。



やさしくキスをして
やさしくキスをして

文化や宗教の違いを乗り越え
ようとする二人の姿に感動。
セクシーなカシムにうっっとり!




ツォツィ

スラムで育ったツォツィが徐々に
愛情に目覚めていく姿が胸に
響きます。愛情と人間の可能性を
再認識させてくれた作品。



ビフォア・サンライズ 恋人までの距離
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離

恋に落ちた二人がただひたすら
語り合う物語。
二人の仕草や表情がすごくリアル。
やたらと恋がしたくなる、
上質の恋愛映画。



アクセスランキング

Copyright © いけこのDVD鑑賞記 All Rights Reserved.
Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。