Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Links
RSS
ブロとも申請フォーム
My Favorite

メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)
メゾン・ド・ヒミコ

ストーリーも映像も出演者も
音楽も、どれも素晴らしい!
「生きる」ということ、人と人とのつながりを描いた温かい作品。



かもめ食堂
かもめ食堂

色というか、光というか、
全体的な雰囲気がすごくステキ。
「豚身昼斗念」にヤラれました。



花とアリス 通常版
花とアリス

主役二人の魅力爆発!!
人形のような二人がクスクス笑いながらイタズラしたり恋したりする様は
まるでおとぎ話のよう。



きょうのできごと スペシャル・エディション
きょうのできごと

何気ない日常を切り取った作品。
なんだかすごく懐かしくて切なくて
ノスタルジックな感じがたまらない。



トニー滝谷 プレミアム・エディション
トニー滝谷

静かで寂しくて、でもどこか優しい。
原作の世界観をきっちり再現。



マラソン
マラソン

自閉症の男の子がフルマラソンを
完走した、実話をもとにした感動作。
親子の絆や愛情が胸に沁みます。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おくりびと
おくりびと


2008年 / 日本 / 130 minutes
出演 : 本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努
監督 : 滝田洋二郎
脚本 : 小山薫堂
音楽 : 久石譲
公式サイト →


Story :
人は誰でもいつか、おくりびと、おくられびと──。
求人広告を手にNKエージェントを訪れた大悟は、社長の佐々木から思いもよらない業務内容を告げられる。それは【納棺(のうかん)】、遺体を棺に納める仕事だった・・・。
モントリオール世界映画祭 グランプリ受賞。 (公式サイトより)


Review :
試写会で見てきました。
ほとんど内容も知らず、何も期待せずに軽い気持ちで見たんですが、
すごーく良かった!

死をテーマに扱ってるわりには 笑いどころも満載。
会場のあちこちで笑いが漏れていました。
久石譲さんが担当しているだけあって、音楽も素晴らしいです。
チェロの優しい音色に癒されて、泣いて笑ってまた泣いて、と心温まる作品でした。

先日 「マラソン」 が今年一番かもって書いたばかりですが
それを超えちゃったかも。
そのくらい良かったです。


(以下、ネタバレあります)


おくりびと


山崎努さんがねー、素敵でした!
渋い。そして温かい。
モックンもそうでしたが、納棺師の手の動きがとっても優しくて
亡くなった方の人生を尊んで大切に送り出そうとする姿勢が全身から溢れてて、作業というよりは 「儀式」 と呼ぶのがふさわしいほど神々しかったです。


初めて納棺の仕事をした大悟が
家に帰ってきて奥さんの体をきつく抱きしめるシーンがありましたが
人の死を目の当たりにして いのちを全身で感じたいという気持ちになったのかなぁ と妙に納得。

この映画を見て、自分の親も私自身も いつか必ず死ぬ という当たり前のことを改めて思い知らされた気がします。
生きるということ、死ぬということ、
愛すること、食べること、親子、家族・・・
普段 当たり前だと思ってること一つ一つを愛しく感じさせてもらえました。


いしぶみ (石文?) についてもこの作品で初めて知りましたが、
すごく素敵ですね。
石の手触りで相手の言いたいことを感じる、ということは
亡くなった (=話すことができない) 人の気持ちを汲んで送り出す納棺師の仕事とどこか通じるところがあるような気がしました。

話さなくても気持ちを慮るという人の優しさがそこにあるのかなぁと思った。
温かい話ですねぇ
ラストの大悟の涙も美しかったです。


おくりびと


一番印象に残ったのは

「死とは終わりではない。
 誰もが通過する門のようなもの」


というようなセリフ。
私もこれからの人生で 大切な人をおくることになると思うけど
その時にはただ悲しむだけじゃなくて、感謝と尊敬の気持ちをこめて
送りだしてあげたいと思います。


↓サントラもオススメ
「おくりびと」オリジナルサウンドトラック「おくりびと」オリジナルサウンドトラック
(2008/09/10)
久石譲

商品詳細を見る


↓小説&マンガ



↓予告編

 
スポンサーサイト

PLEASE POST YOUR COMMENT













| BLOG TOP |
http://ikekoikeko.blog22.fc2.com/tb.php/417-565a6600
あらすじ所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師という仕事だ...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ 【2009.08.21】 []
ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦。一見近寄りがたい職業、納棺師...
サーカスな日々 【2009.04.05】 []
いのち芽吹く物語。  
Akira\'s VOICE 【2009.03.08】 []
◆本木雅弘さん(のつもり) 本木雅弘さんは、映画『おくりびと』に小林大悟 役で出演しています。 第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品ということで、先日、遅ればせながら劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
yanajunのイラスト・まんが道 【2009.03.04】 []
こちらずっと気になっていた作品なかなか見ることが出来なかったんですがやっと映画館で見ることができました予備知識はアカデミーをとったことと納棺師のお話ということぐらいだったんですが思わず泣いてしまいました自分はあまり感動して泣く方ではないのですが、何でこ...
にき☆ろぐ 【2009.03.02】 []
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その1本目。 第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞とか、 アカデミー賞の外国語作品賞出品の日本代表作に選ばれたとか・・・ いろいろ...
★☆ひらりん的映画ブログ☆★ 【2008.11.09】 []
▼動機 連れてってと言われたので ▼感想 美しき日本の様式美 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努?...
新!やさぐれ日記 【2008.10.24】 []
試写会に行く予定だったのですが 仕事が入ったので妹に行ってもらいました。 観てきた彼女は大絶賛!! じゃあ、映画館で観ておく? というわけで映画館へ。 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、 妻と共に故郷の山形に帰ってきた大悟は、 新聞で“旅のお手伝い...
映画、言いたい放題! 【2008.10.23】 []
 第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞して以降、第81回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表作品に選ばれ、圧倒的な評判の良さ...
続・蛇足帳~blogばん~ 【2008.10.10】 []
「おくりびと」★★★★☆オススメ 本木雅弘 、広末涼子 、山崎努 主演 滝田洋二郎 監督、2008年、130分 高校生のときにボランティアで 老人ホームへお手伝いをしに行っていて、 誰も尋ねてこないおばあさんが急に亡くなった時、 知らせを受けて駆けつけてき...
soramove 【2008.10.02】 []
「おくりびと」を観てきました~♪ 楽団のチョロ奏者、小林大悟(本木雅弘)は、突然楽団が解散したことから、チェロを棄て故郷の山形に帰る決心をした。新聞で見つけた求人募集の広告を読み面接に向かった。社長の佐々木(山崎努)に即採用された大悟、仕事内容を聞く...
観たよ~ん~ 【2008.10.02】 []
JUGEMテーマ:映画 2008年9月13日 公開 いってらっしゃい  また、逢いましょう 1ヶ月フリーパスポートで7本目 もっ最高っでした!!! とにかくすごい!素晴らしい!完璧です! ちょっと意外だったのは、この作品ってもっと地味で重い...
UkiUkiれいんぼーデイ 【2008.09.27】 []
□作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5★?...
京の昼寝~♪ 【2008.09.26】 []
人気ブログランキングの順位は? 人は誰でも、いつか おくりびと、おくられびと。 キレイになって、 逝ってらっしゃい。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! 【2008.09.24】 []
映画「おくりびと」を観てきました。 人の死や職業観、家族を大切にする気持ちなどいろんなメッセージが詰まっていて、考えさせられつつも最後は涙があふれてきました(;θ;) こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ...
Thanksgiving Day 【2008.09.20】 []
 “モントリオール世界映画祭グランプリ受賞”「おくりびと」(松竹)。とても地味なテーマを描いた映画です。でも、素朴でとても優しい気持ちになれる映画です。  チェリストの大悟(本木雅弘)は、所属していたオーケストラが突然解散し、失業してしまう。己の能力の...
シネマ親父の“日々是妄言” 【2008.09.16】 []
昨日は新橋のヤクルトホールに『おくりびと』の試写会に行ってきました。おりしも第32回モントリオール世界映画祭でのグランプリ決定のニュースを聞いた中での鑑賞だったので、とってもタイムリーな鑑賞になりました。 先月、松竹オンラインさんからいただいた試写会をフ...
cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー 【2008.09.14】 []
久々の試写会で鑑賞です。 試写会が当たらなくても、観たかった作品。 期待した以上によくて、今年の邦画ベスト1かも{/atten/} キャストは、みんな安心してみていられる実力派。 そして、それぞれの役にぴったりでした。 上手くても浮いてる場合もあるのに、全員がぴたり...
ふぴことママのたわ言 【2008.09.11】 []
最盛期が嘘だったかのように一時期はその消息がつかめなかった広末涼子だが、最近はドラマに映画にCMにと、活動の場を広く求めているようだ。女性は離婚後に仕事に走ると島田紳助が云っていたなあ。「おくりびと」を試写会で観た。
MESCALINE DRIVE 【2008.09.09】 []
8月25日(月) 有楽町ピカデリー 8時半開映 TBSの特別試写会で「おくりびと」を観て来ました。 監督 滝田洋二郎 キャスト 本木雅弘 広末涼子 山崎努 余貴美子 杉本哲太 吉行和子 笹野高史 音楽 久石譲 あらすじ チェリストの夢を断念し、妻の美香ととも...
MIHOのたわごと 【2008.09.05】 []
Category
Search
Profile

いけこ

Author:いけこ
都内で働く30代派遣OL。
ジャンルはこだわらず何でも見ます。
邦画・ミニシアター系が特にスキ。
最近は韓流に心奪われてます。

最低でも月に10本。
ネタバレもあります。
映画館だと寝てしまうので、
もっぱら自宅でDVD派。
コメント・TBお待ちしてます。

↓ランキングに参加してます。
気に入ったらクリックお願いします!
人気ブログランキング

↓姉妹ブログもよろしくネ!
27歳の記録(日記)
いけこのBOOKレビュー

↓TSUTAYA は私のトモダチ




My Favorite

ラブ・アクチュアリー
ラブ・アクチュアリー

笑いあり、切なさあり、胸キュンありの
オムニバスラブストーリー。
幸せな気持ちをたくさんくれる作品。
ダイスキ!



リトル・ミス・サンシャイン
リトル・ミス・サンシャイン

家族のキャラが濃ゆくて楽しい。
不器用で優しい、素晴らしい
家族の物語。



モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版
モーターサイクル・ダイアリーズ

若き日のチェ・ゲバラの旅行記。
南米の美しい景色とゲバラの
生き様に二度感動。
さわやかな青春モノです。



Dearフランキー
Dearフランキー

親子の愛を描いた感動作。
出てくる人がみんな優しくて
温かい涙がこぼれます。



やさしくキスをして
やさしくキスをして

文化や宗教の違いを乗り越え
ようとする二人の姿に感動。
セクシーなカシムにうっっとり!




ツォツィ

スラムで育ったツォツィが徐々に
愛情に目覚めていく姿が胸に
響きます。愛情と人間の可能性を
再認識させてくれた作品。



ビフォア・サンライズ 恋人までの距離
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離

恋に落ちた二人がただひたすら
語り合う物語。
二人の仕草や表情がすごくリアル。
やたらと恋がしたくなる、
上質の恋愛映画。



アクセスランキング

Copyright © いけこのDVD鑑賞記 All Rights Reserved.
Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。